生前贈与は遺産相続の前倒し

人から財産をもらうと、贈与税がかかることは、多くの人が知っていることでしょう。
年間110万円までは非課税、ということも知っている人は多いかもしれません。
親族間であれ、他人であれ、財産を名実ともにタダでもらう行為は、課税対象となります。

 

生前贈与とは、贈与のうち、主に親族間で、遺産相続の前に贈与する、という意味合いが込められています。
本来、親が亡くなれば子供に遺産を受け継ぐ権利がありますが、亡くなる前に、つまり生前に財産を譲り渡す、ということです。
相続関係にない他人の贈与であれば、生前贈与という言い方はしません。

 

贈与税の対象になる、という点では贈与も生前贈与も同じです。
生前贈与は、税金対策として、あるいは遺産相続の争いを避けるために、生前に遺産を動かす手続きをする。
というところがポイントになります。
節税対策と言っても、将来の相続税よりも生前贈与による贈与税のほうが節税になるかは、贈与する財産の価値や、贈与する親族の人数などによって異なります。

 

逆に贈与税の方が高くなってしまう場合もありますので、事前に税理士などに相談してから実行するのが望ましいでしょう。
将来の争いを避ける、という意味では、相続人全員が話し合って、納得してから生前贈与を受けることが大切でしょう。

 

 

生前贈与の種類とは

生前贈与とは生きているうちに財産を相続人に贈与することです。
その目的は死後に渡される財産の一部を、あらかじめ生前に渡しておくことで税金を少しでも低く抑えることにあります。

 

生前贈与の種類
1・一般贈与

生前贈与の方法の1つである一般贈与では、贈与を受ける人一人当たり年間110万円までの基礎控除が設けられているので、1年に110万円を毎年贈与していくことになります。
具体的には2人に対して毎年110万円を10年間贈与した場合では、最終的に2200万円の財産を生前に渡すことが可能で贈与税の負担もありません。
そして、同時に2200万円分の相続税を減らすことにもなるのです。
2200万円は大金です。

 

2・相続時精算課税制度

この制度は一般贈与と比較して生前贈与という性格が濃い制度となっていて、2500万円の特例控除があります。
2500万円分を超える財産に関しては一律にて20%の贈与税がかかります。
そして相続が発生した際、それまでに納めた贈与税額は相続税から差し引かれることになるのです。

 

3・マイホーム贈与

この制度では婚姻期間が20年以上の夫婦に限り一定の要件を満たせば、夫婦間で2000万円の贈与が控除されます。
但し、この制度では住む為の不動産の購入に使い道が限定されている点に注意する必要が有り、一般贈与も一緒に使用することが出来るので合計2110万円の贈与ができることになります。

 

4・教育資金の一括贈与の非課税措置

祖父母から孫へのように直系尊属から教育資金として贈与を受ける場合には1500万円までを非課税とする制度があります。
しかし、これが適用されるのは贈与を受ける側が30歳までとなっていて、贈与する側と信託会社の間で教育資金管理契約を結ぶ必要があります。

 

このように生前贈与には様々な種類が存在しており、資産総額や贈与する相手によって最適な方法は異なります。
しかし、贈与する際には贈与契約を作製して第三者に対して贈与を証明できるようにしておくと、後になってトラブルが発生した時にも安心です。

 

 

生前贈与がなぜお得なのか

近年、『相続にかかる税金が大幅に減る』といった触れ込みで、生前贈与を薦めることが多くなっています。
では、なぜ生前贈与をすると税金を抑えることができるのでしょうか。

 

一般に、自身の財産を他者に譲り渡すには、死後遺書にしたがって相続人に分配・遺贈するか、生前から贈与を行うかの2つの方法があります。
当然ながら、贈与された財産には毎年の贈与額に対して贈与税がかかります。

 

また、財産の譲渡を行うための贈与ですから、相続税もかかることとなります。
このままでは二重課税となるため、税法上の回避措置として税額の控除が規定されています。
具体的には、『相続開始から三年以内の贈与財産』と『相続財産』の合計について税額を計算。
以前に納付した贈与税分を控除額として税額から差し引く形となります。

 

また、贈与税には基礎控除額が設けられており、110万円までは課税対象額から控除される仕組みとなっています。
つまり、贈与税として多く取られない程度の金額を毎年相続人に分配すれば、結果的に税金として取られる金額を抑えることができる、というわけです。
一度に渡さないことによるデメリットはありますが、生前贈与は遺贈する場合よりも多くの財産を、次代を担う子孫へと託すことができます。
財産の相続を考えているのであれば、ぜひ生前贈与を検討してみてください。

 

 

生前贈与は基本的に誰に渡しても良い

生前贈与をする場合には、対象となる相手はどこまで認められるのか?そこが気になるという方もいるのではないか?と思います。
生前贈与は基本的には誰に対して行っても構いません。
多くの場合、親から子、または孫などになるケースが多いため、そういった一定の範囲じゃないといけないと思っている人もいるかもしれませんけど、そんなことはないのです。

 

だから、生前贈与をしたい相手が友人などでも構わないでしょう。
生前贈与は年間で110万円までは非課税になりますが、複数人にあげても良いわけです。

 

貰った側が110万円を1年間で超えると、税金を払わないといけないものの、あげる側は110万円以内の金額を複数人に行うということもできますから、その場合には渡した総額がどれだけでも、貰った側の金額が1人あたり110万円を超えていなければ、課税対象にはならないということになるのです。

 

誰にでも生前贈与をすることができるということを知っておけば、実際に行うときの範囲が広くなって、悩むこともあるかもしれません。
しかし、それだけより生前贈与をする人の望みが叶えられやすいとも言えると思いますから、この制度を有効活用するために、必要な知識は持っておくようにしましょう。

 

 

生前贈与制度は利用しなければ損です。節税策になりますのでぜひ利用してください。

生前贈与は60歳から出来ます。
今までは65歳からでした。
生前贈与は、受け取る側が年110万円までは贈与税がかかりません。

 

ただし贈与した人が亡くなった場合は、生前3年間分は遺産とみなされます。
原則として孫やひ孫への贈与は、受け取る側が110万円までは贈与税は相続財産とはみなされません。
孫やひ孫は、普通相続人ではないからです。

 

生前贈与には時効があります。
時効期間が過ぎるといくら生前贈与してあっても贈与税は課税されることはありません。

 

ただし相続遺産にはなります。
つまり税金は課税される可能性はありと言う事です。
相続税課税対象でない場合は、当然税金は課税されません。

 

生前贈与の内住宅贈与や教育資金贈与には、110万円までの縛りはありません。
現在の税制では、住宅に関しては親から子供への住宅建設への贈与は500万円までは非課税です。

 

孫への教育資金贈与は。1500万円までは非課税です。
但し受け取れるのは、30歳まででこの制度を利用するためには信託銀行と契約する必要があります。
この資金は教育以外への使用は出来ません。

 

婚姻期間が20年を超えた夫婦の場合、配偶者へ住宅新築資金として2,000万円までは贈与税が非課税となる制度があります。
110万円を合わせると2,110万円まで配偶者へ贈与できます。
この制度は、住宅資金以外の使用は認められません。

 

 

節税対策として最も手軽な生前贈与について

相続税と聞くと財産の半分が税金で取られてしまうというイメージがあります。
ですが、しっかりと対策をしておけば税金の額を大幅に減らすことも可能なのです。
相続税対策には「生前贈与」・「生命保険」・「不動産」が主要な柱となっています。
この中でも生前贈与を活用した方法は手軽に行えることもあり多くの方が実行しています。

 

生前贈与を活用した相続税対策
対策方法1・毎年110万円以内の範囲で生前贈与を実施する

年間110万円以内であれば贈与税が発生しない基礎控除枠があるので、子や孫に年間110万円以内の金額を生前贈与することで、毎年贈与した合計の金額が非課税となるのです。この生前贈与は現金の手渡しでも構わないのですが、預金振込の方が後から税務署に指摘を受けた場合でも贈与を証明し易いです。また、税務署に対して贈与の事実を証明するためにも、贈与が行われる度に贈与契約書の作成を行った方が確実です。

 

この相続税対策は年間110万円と枠が決まっていることから、早く対策を始めるほど節税効果が高まる点が特徴です。
10年や20年と長いスパンで実施するのであれば60歳頃からスタートさせた方が良いです。

 

対策方法2・毎年110万円以上の贈与で大幅な節約

財産が2億円以上もある資産家の場合では110万円内の生前贈与を行うよりも、年間110万円以上の贈与を行って贈与税を支払った方が有利となる場合があります。
これは相続税が30%で課税される人は、贈与税の税率が30%以下ならば贈与税を支払って生前贈与をした方が、差額分だけ有利となるからです。

 

生前贈与を活用した相続税対策は手軽な手段として人気ですが、誤った方法で生前贈与してしまうと税務署から思わぬ指摘を受けて税金を支払わなければならなく場合もあるので注意が必要です。また、生前贈与を実施し過ぎて老後の生活が苦しくなってしまっても本末転倒なので、生前贈与は計画的に実行しましょう。

 

 

贈与を活用した相続税対策

相続税対策と聞くと、本人が亡くなってからの事を考え、行うイメージがあるかもしれません。
でも実際は、生きているうちから行う事は十分可能です。
それが、贈与です。生前贈与を上手に活用する事で、十分な相続税対策を行う事ができるのです。
例えば、贈与税の基礎控除は110万円となっている事から、110万円までの贈与には課税されない事を上手に活用します。
そうすれば、毎年、110万円ずつ子供に贈与していく事で、万が一の際の相続税対策を行う事ができるのです。
その他、婚姻関係にある両者への贈与においても方法があります。
節税を行う事ができる事を利用し、相続税対策を行う事が可能です。
贈与税の基礎控除を含めると2110万円までの贈与財産には、贈与税が課税されないのです。
それを利用すれば、十分な相続税対策を行う事が可能かと思います。
ただし、注意が必要なのが、この配偶者への贈与に関しては、婚姻関係が20年以上の夫婦となっています。
その他、贈与税の配偶者控除は、1回のみになっている為、注意が必要です。
このように、子供や配偶者に生きているうちに贈与を行っておく事で、相続税対策を行う事は十分可能です。
その為、少しでも早く、今後の事を考え、贈与を検討し

 

おすすめサイトの紹介

 

サイトのテーマ:「相続対策

 

こちらは、管理人が参考にしているサイトです。
相続税だけではく、遺産関係全般の情報を後悔しているサイトです。
専門の税理士事務所監修なので、詳しくまとめられています。
興味がある方は、ぜひ訪問してみてください。

更新履歴